【体験談】食べ物のニオイで胸やけ、胃痛、腹痛、頭痛

かびんライフ

やる気いっぱい、だけど元気が空回り、いつも疲れてばっかの、きよねです。くたばりあんを自称しているほど、毎日疲労しています。消耗要因、現在第3位の「ニオイ」で、きよねの体験談をお届けします。

コーヒーの香りで胸やけ

朝の目覚めの一杯、ひと息つきたい時に取りあえず、コーヒー。私の家族は昼夜問わず、コーヒーを飲みます。朝はコーヒーを入れる時間帯が重なるので、二人以上のカップから香りがふわふわ漂い、部屋に充満しています。

私にとってコーヒーの香りは混ざり合い滞留するとなぜか、タバコの臭いに感じて苦しくなってしまいます。ついでに頭痛も。

デカフェ(カフェインフリーのこと)であっても等しくこうなります。特に消化器系への当たりが強いです。

玄米コーヒーや黒豆コーヒーの香りは少しつらいですが、飲めないほどではないです。ただ好んでは飲みません。基本の飲み物は白湯かみそ汁。

対策
一口飲んだら、その都度カップにフタをしてもらいました。

料理酒で体中が痛む

我が家ではとり肉の蒸し焼きやみそ豚焼き肉、そのほか風味付けに、料理酒が活躍します。お肉が柔らかくなりますし、味も染みこみやすくなります。

ただ、料理酒を使われるととても苦痛です。のどを筆頭に胸がズキズキしてきてしまいます。ついでにアルコール消毒もNG。

家族が好むワインやウィスキーも、一口つけたらグラスにフタをしてもらっています。アルコール類は総じて、頭もガンガンしてくる、ハードロック並みのガツンとくる系です。

なぜかみりんは許容範囲でした。これも少量使うだけで、たっぷり使ってしまうと頭がクラクラしてきます。

対策

料理酒の代わりにみりんで調理することになりました。

しいたけのニオイで顔が真っ青に

我が家では「きよねのしいたけ事件」と呼ばれています。一番初めの嗅覚過敏でした。母がしいたけを調理しているそばで、青くなって気分が悪くなっていました。それ以来、しいたけは口にするだけで、激しい拒絶反応が起きるほど、お、おろしい茸。

なぜか粉末にされた出汁に少量混ぜる分に摂取できました。ただし、しいたけオンリーのパウダーはきついです。

事あるごとにこの事件は忘れられ、きよねは何度もしいたけで青ざめています。

対策

調理中は避難します。

お菓子の香料と砂糖の甘いニオイでムカムカ

ティータイム時、ちょっと休憩にチョコレート、飴……お菓子の多くには残念ながら香りがついています。裏に「香料」と書いてあるものはそうです。さらに「砂糖」が加わると甘さぷんぷんのてんこ盛りパレード。食べる前からニオイだけで苦しくなりました。

案外、味覚は嗅覚に左右されるのではと思わずにはいられない、人間って不思議です。最近、お菓子のパッケージから「いいニオイ」がしてくるのですが、なぜ外装が香るのでしょうかね……。

対策

お菓子は食べたらすぐ袋を閉めるか、ゴミはすぐ捨ててもらいました。あとは鼻から香りが抜けてくるので、距離を取ってもらいました。

炒り卵で胃の不調

炒り卵を筆頭に、チャーハン、かに玉、オムレツなどなど。卵と油のハーモニーは強烈でした。胃から空気が上がってくるわ、顔中にニオイがまとわりついてずっと気分悪いわで、油との相性は抜群ですが、きよねとの相性判定はメタメタです。

普段は使い古したレインコートを着て、衣類にニオイがこべりつくのを防いでいます。

ちなみに卵料理はフライパンや鍋の食器洗いを悩ます、べったりさんです。重曹で沸騰させて汚れをゆるめても、中々落ちん、手強いです。

対策

換気扇をよく回してもらい、調理中は離れるか、自分が作るときはレインコートを着ました。顔を洗うとマシになることもあります。

嗅覚過敏まとめ

・コーヒーの香りや甘いニオイで胸やけ
→カップにフタをする。袋を閉じる。

・料理酒で体が痛む
→料理中は離れるか、代用品を探す。

・しいたけで真っ青事件簿
→倒れる前に逃げる。でも、パウダーなら大丈夫かもしれません。

・卵と油が爆ぜるとエグい
→料理中はなるべく皮膚を覆い、気になるところはあとでよく洗う。

基本的には自衛として、過敏に反応する物から距離を取るか、代用品を探す、少量摂取を心がけています。

人の嗜好物を制限するのは難しいことなので、まずは自分でできることから。感覚過敏があっても工夫次第でぐんと生きやすくなります。

お願いできるすきがあれば、こうすると自分は楽になると伝えてみるのも、良い方法の一つです。

ちなみにきよねの消耗要因TOP3は以下の通り。
消耗要因TOP3

1位 うつ・ネガティブ思考
2位 食事の苦痛(低血糖症、過食、食物不耐症)
3位 ニオイ・合成化学物質への過敏反応

1・2位も機会があればお話ししたいと思います。