感覚過敏とは

感覚過敏とはを説明するページの画像デです

感覚過敏ってどんな意味?

「視覚」「聴覚」「味覚」「嗅覚」「触覚」などの、諸感覚がとても敏感になっている状態を「感覚過敏」といいます。

たとえば、視覚がとても敏感であるときは「視覚過敏」、聴覚がとても敏感であるときは「聴覚過敏」という名前がついています。五感の他にも、平衡感覚の過敏や、温度感覚の過敏もあります。

感覚過敏がない人にとってはなんでもないことが、感覚過敏がある人にとっては、とても辛かったり時には生活していく上で困難になったりすることがあります。

たとえば、LEDの光が突き刺さるように感じたりエアコンの室外機の音で気持ち悪くなったりするなどです。しかし、同じ感覚過敏を持っている人でも、感じ方はそれぞれで、本人にしか分からないこともあります。

感覚過敏って病気なの?

感覚過敏という病名はなく、症状です。感覚過敏の原因には以下のようなものがあると言われています。

発達障害のある人は、感覚過敏の特性をもっていることが多いといわれていますが、感覚過敏だからといって発達障害があるということではありません。

メニエール病、脳卒中などの病気の症状として感覚過敏になることがありますが、感覚過敏があるからといって病気が原因だということではありません。

HSP(敏感気質な人)の特性の一つとして、過剰に刺激を受けやすいということがありますが、感覚過敏があるからといって、その人がHSPであるということではありません。

感覚過敏には、さまざまな原因が考えられます。原因不明のこともあります。

さまざまな感覚過敏

感覚過敏には、さまざまなものがあります。同じ感覚過敏をもっている人でも、人によってなんともないものもあれば、寝込むほど辛いものもあります。ここでは、感覚過敏にはどのようなものがあるか、そして、それぞれの感覚過敏でどのように感じることがあるかの一例を挙げていきます。

視覚過敏

視覚がとても敏感であることを「視覚過敏」と言います。視覚過敏のある人は、強い光、色、ゴチャゴチャしている場所などが苦手な場合があり、たとえば、次のように感じることがあります。

  • LEDの光が刺さる感じがする
  • 屋外に出ると頭が痛くなる
  • 白い紙に書いてある字が読みづらい
  • 人が多いところに行くと具合が悪くなる

聴覚過敏

聴覚がとても敏感であることを「聴覚過敏」と言います。聴覚過敏のある人は、日常生活で当たり前にある、なんでもない音が苦手な場合があり、たとえば、次のように感じることがあります。

  • 蛍光灯や時計の秒針の音が絶えず聞こえる
  • 目の前の人の声と周りの声が同じように聞こえて分からなくなる
  • 大きな音に恐怖を感じる
  • 子どもの声や赤ちゃんの泣き声が、頭の中に刺さる感じがする

嗅覚過敏

嗅覚がとても敏感であることを「嗅覚過敏」と言います。嗅覚過敏のある人は、臭気ばかりではなく、良い香りも苦手な場合があり、たとえば、次のように感じることがあります。

  • 電車内での体臭や香水、化粧品、衣類などのニオイで気分が悪くなる
  • 食べ物や給食のニオイで頭痛がする
  • トイレの芳香剤の香りに苦痛を感じる
  • 柔軟剤の香りが鼻についたり体調を崩したりする

味覚過敏

味覚がとても敏感であることを「味覚過敏」と言います。口に入れるものに関しての過敏であるため、味だけではなく食感への過敏も含めて、味覚過敏と言われることもあるようです。味覚過敏のある人は、たとえば、次のように感じることがあります。

  • 脂肪分や苦みなどを異常に濃く感じる
  • 特定の食べ物に嘔吐するほどの気持ち悪さがある
  • 「パサパサ」「ベチャッ」など、食感によって受け付けないものがある
  • 砂やゴムなど、食べ物ではないものを食べている感覚になる

触覚過敏

触覚がとても敏感であることを「触覚過敏」と言います。触覚過敏のある人は、身体に触れるいろいろなものが苦手な場合があり、たとえば、次のように感じることがあります。

  • 人に触れられることが苦手で、側に寄られるだけでも逃げたくなる
  • 服のタグ、縫い目、ゴムなどが触れるとチクチクしたりかゆくなったりする
  • 重さ、窮屈さ、素材の感触などにより、服や靴下を身に付けるのが苦痛
  • 雨や風が当たると不快感や痛みがある

五感以外の感覚過敏

五感の他にも、さまざまな感覚があります。それらの感覚過敏のある人は、五感の過敏と同じように、他の人には分からない、いろいろなものが苦手な場合があり、たとえば、次のように感じることがあります。

  • 熱さに敏感すぎて、ぬるい風呂にしか入ることができない(温度感覚)
  • 温度差で気持ちが悪くなる(温度感覚)
  • ブランコや遊園地の乗り物に乗るのが異様に怖い(平衡感覚)
  • 僅かな傾きで気持ち悪くなったり乗り物に酔いやすかったりする(平衡感覚)

「深部感覚(固有受容性感覚)」という、聞き慣れない感覚もあります。「軽い運動でも異常に疲れる」「ちょっとした物を持つのが辛い」ということを感じている人は、単に筋力や疲労の問題ではなく、この感覚の影響なのかもしれません。

その他の過敏

感覚過敏ではない過敏、原因が分からない過敏など、他にもいろいろな過敏があります。その中からいくつかを紹介します。

HSP(HSC)

感覚過敏の一つの原因として、HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)が挙げられます。子どもの場合HSC(ハイリー・センシティブ・チャイルド)と言います。 HSP(HSC)は、生まれながらにして高度な感受性を持った人であり、病気や障害ではありません。次の特性(分かりやすい言葉に言い換えています)をもつとされています。

  • 感じたことを深く受け止めやすい
  • 刺激を受けやすい(これが感覚過敏となります)
  • 他人に共感、感情移入しやすい
  • 他人や環境の細かい変化に気付きやすい

化学物質過敏症

「シックハウス症候群」という言葉をご存知でしょうか。壁紙に使われる接着剤などに、体調不良を招くおそれのある化学物質が使用されており、当時社会問題となりました。

化学物質過敏症は、塗料や接着剤、煙草などに含まれる化学物質によって、吐き気や粘膜の痛み、頭痛、皮膚の痒みといった様々な症状を引き起こし、重篤な状態に至る場合もあります。

最近では「香害」という言葉も浸透してきました。 柔軟剤や芳香剤の香り(等の化学物質由来の匂い)で体調が悪くなるというもので、柔軟剤や芳香剤に入っている化学物質が頭痛やめまいの原因です。

化学物質過敏症(CS)は、日常の中で化学物質を浴びることで発症し、発症後はアレルギーのように微量の化学物質でも身体の不調や皮膚のかぶれ等の症状を引き起こすことになります。

電磁波過敏症

家電製品、蛍光灯、スマホやパソコンなどの電磁波にさらされると頭痛などの症状が起こる「電磁波過敏症」というものもあります。症状として、鬱(うつ)や集中力の欠如などの神経症状、皮膚症状、頭痛、筋肉・関節症状があるようです。化学物質過敏症支援センターHPより

感覚過敏のある方の声

感覚過敏がある人の声(1)
感覚過敏がある人の声(2
)
感覚過敏がある人の声(3)
感覚過敏がある人の声(4)

まとめ

このように感覚過敏にはさまざまなものがあります。感覚とは、他人と比較したり共有できないため、自分の感覚が過敏であるのか気がつかないまま苦しんでいる方もいらっしゃいます。日常生活を送る上で、困難さを抱えているようでしたら、感覚過敏といってもよいでしょう。

感覚過敏は病気ではなく、発達障害や脳の病気などで出る症状の1つです。診断が出るものではありませんが、学校や職場なので合理的配慮を希望され、診断書などが必要な場合は一度、医師に相談することをおすすめします。

日常生活の工夫によって、過敏さとうまく付き合っていける場合もあります。感覚過敏研究所が運営する感覚過敏コミュニティー「かびんの森」では、たくさんの方が悩みを相談したり、工夫を紹介しあっていますので、ぜひご参加ください。感覚過敏当事者やご家族は無料で参加できます。