所長・加藤路瑛のプロジェクト「五感情報を記録・共有するセンサリーマップ」が、第30回未踏IT人材発掘・育成事業の成果報告会で発表されました

感覚過敏研究所 所長・加藤路瑛が提案したプロジェクト「五感情報を記録・共有するセンサリーマップ」が、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)2023年度未踏IT人材発掘・育成事業に採択され、2024年2月18日の成果報告会で発表を行いました。

このプロジェクトは、感覚過敏などの理由で音や光、ニオイなどの感覚刺激がつらく、外出を控えたり諦めていた人の外出をサポートすることを目的に、WEB上のマップに、騒がしさや眩しさの情報や、逆に静かな休憩場所やセンサリールームなどのスポット情報を、ユーザーのみなさんと一緒に記録・共有していくものです。

YouTubeにて、アーカイブ動画を視聴できますので、よければご覧ください。

感覚過敏に関する
悩みごとがある⽅や
ご家族さまへ

感覚過敏に関する対策商品やサービスなど、感覚過敏研究所がご提供できるものを一覧にして紹介しております。

感覚過敏のある⽅を⽀援したい
企業・⾏政・教育関係者・
福祉関係者さまへ

感覚過敏を中心とした合理的配慮やニューロダイバーシティの取り組みを計画・実行中の企業や関係者への情報提供や協業、共同研究などのご案内です。

ページトップへ戻る