【ケーススタディ】「Goトレイン」で設置されているクワイエットゾーン

クワイエットゾーンとは、音や光、ニオイなどの五感の刺激を少なくし、聴覚・視覚など感覚過敏の症状がある人やその家族が安心して過ごせる空間のことです。今回はカナダの鉄道「Goトレイン」で、設置されているクワイエットゾーンを紹介します。

Goトレインとは?

Goトレインとは、カナダのトロントとその近郊都市を繋ぐ鉄道路線の1つです。ボンバルディア・バイレベル・コーチと呼ばれる、二階建ての車両を採用しています。

Goトレインで採用されている二階建ての車両
Goトレインで採用されている二階建ての車両

Goトレインのクワイエットゾーンについて

Goトレインのクワイエットゾーンは、2階建て車両の2階で実施されています。平日の午前6時から午前10時、午後3時から午後7時の通勤・通学時間帯が実施時間です。トロントとバリーを結ぶバリー線で試験運用され、好評により全線で展開されました。

クワイエットゾーン実施中の車内では、乗客に以下の対応が求められています。

  • 会話は短く、小さな声で
  • 電子機器の音はミュートに
  • ヘッドホンやイヤホンの音量は、他の人に聞こえない程度に
クワイエットゾーンが実施されている車内
クワイエットゾーンが実施されている車内

またオーディオブックやポッドキャストを配信しているAudibleがスポンサーとなっているため、乗客は車内にあるQRコードをスキャンすることにより、無料でコンテンツと引き換えられます。

AudibleがスポンサーとなっているGoトレイン
AudibleがスポンサーとなっているGoトレイン

所長・加藤路瑛レビュー

電車でクワイエットアワーやエリアがあるのはすごいですね。通勤通学時間に実施しているのも、一番混み合う時間帯なので、静かさを求める人にはありがたいですね。日本の場合、都心部のラッシュアワーは話す余裕などないくらい混んでいるという現実もありますが、誰もが静かにする意識が働くのは重要ですし、全車両ではなく、2階席のみという運用方法も良いなと思いました。

ただ、日本の女性車両の問題点と共通する部分かもしれませんが、この車両に乗らない場合は配慮不要なのか?といえば違うでしょう。

そして、Goトレインを調べると、トラブルとしてあがっているのが、クワイエットゾーンなのに、話している人がいる!というトラブルです。お互いの協力のもとなので、緊急で電話で話す必要が出る場合もありますし、スマホのミュートができてなかったということもあるでしょう。そのような時に、音を出した人を責めるような空気感は避けたいものです。

そのようなトラブルは多少あるとしても、この取り組みいいと思います。さらに、静かにするために、オーディオブックなどを提供する会社がスポンサーになるって仕組みも最高です!

日本でもやりたいです。取り組んでみたい鉄道会社さんいませんか?スポンサーやってみたいなという企業さんもいらっしゃいましたら是非お声がけください。

引用/参考先

Wikipedia「GOトランジット」

TORONTO STAR「GO Transit expands Quiet Zones to all rush-hour trains」

METROLINX「Quiet Zone on GO Trains now sponsored by Audible」

GO Transit「Quiet Zone by Audible」

yelp「64 photos for Go Transit」

文:いうと

感覚過敏研究所では、センサリールームやカームダウンスペース、クワイエットアワーの相談・企画・提案・設計などをおこなっています。

お気軽にお問い合わせください。

関連記事

Yogiboを購入して感覚過敏研究所を応援する

Yogibo公式オンラインストアにて、クーポンコード「KBNL」を入力してYogiboを購入すると、感覚過敏研究所に、ご購入金額の5%が広告費として支払われます。Yogiboの快適すぎて動けなくなる魔法のソファをご購入される際は、ぜひ、Yogibo Social Goodクーポンをご利用ください!

【応援方法】

1. Yogibo公式オンラインストアで商品を探しカートに入れる

2. 決済画面のクーポンコードの欄に4桁のクーポンコード「KBNL」を入力し「適用する」ボタンをタップ

3. 購入手続きを完了してください

4. ご購入後、SNSなどで「応援購入したよ!」と投稿いただけると嬉しいです!

感覚過敏に関する
悩みごとがある⽅や
ご家族さまへ

感覚過敏に関する対策商品やサービスなど、感覚過敏研究所がご提供できるものを一覧にして紹介しております。

感覚過敏のある⽅を⽀援したい
企業・⾏政・教育関係者・
福祉関係者さまへ

感覚過敏を中心とした合理的配慮やニューロダイバーシティの取り組みを計画・実行中の企業や関係者への情報提供や協業、共同研究などのご案内です。

ページトップへ戻る