【ケーススタディ】FC東京「味の素スタジアム」のセンサリールーム

FC東京センサリールーム

今回は、日本プロサッカーリーグ(Jーリーグ)のFC東京さんのセンサリールームの取り組みを紹介します。

日本プロサッカーリーグ(Jーリーグ)のFC東京は、ホームスタジアムである、東京都・調布の味の素スタジアムにて2022年のシーズンより、センサリールームの運用を開始しました。

センサリールームとは?

センサリールームは、音や光、ニオイなどの五感の刺激を少なくし、聴覚・視覚など感覚過敏の症状がある人やその家族が安心して過ごせる空間・部屋のことです。
詳細:https://sdi.kabin.life//sensoryroom

明るすぎない照度と、大きな音や声などの大音量を遮る遮音が施され、人混みや周囲の視線を避けた安心できる部屋で、防音ガラス越しにサッカー観戦や映画などを楽しめることを目的とした部屋。目的の前提には、見方や楽しみ方の「方法」が多数派とは違うだけで、困りごとがない人たちと同様に「観る」「楽しむ」といった思いは一緒であるとの考え方があります。イングランドプレミアリーグでは、20チーム中14チームがセンサリールームを設置しています。

引用:Jリーグより

感覚過敏研究所も準備をお手伝いしました

正式運用される2022年の前年から、FC東京さんは、丁寧に準備をし、テスト運用されていました。感覚過敏研究所の所長・加藤も準備期間にスタジアムに行き、お手伝いさせていただきました。

撮影:感覚過敏研究所
FC東京センサリールーム
撮影:感覚過敏研究所

センサリールームの必要性をあらためて実感

センサリールームもご利用いただいている間、感覚過敏研究所・所長は一般のお客様と同じようにスタジアムで観戦していました。コロナ対策で声出し禁止、観戦者も制限していました。しかし、会場の拍手が想像以上に大きく、聴覚過敏のある加藤は体調が悪くなり、途中でスタジアムを抜けて休憩することになりました。

サッカースタジアムの音は、聴覚過敏がある人みはかなりの負担です。センサリールーム、本当に必要です。

センサリールームを利用したい時

現在は、一般申し込みはできず、関係団体や教育機関と連携して実施されいます。今後の情報は、FC東京のホームページなどをご確認ください。

参考:FC東京「センサリールーム設置のおしらせ」

センサリールームを広めたい!

センサリールームやクワイエットアワーは感覚刺激に強い反応をする方々にとって安心できる空間や時間です。日本ではまだ浸透していない取り組みです。感覚過敏研究所SDI推進室としても、センサリールームの社会実装に力を注ぎたいと考えております。ご賛同くださる方、ともに社会実装に取り組んでくださる企業様・パートナー様を広く募集しております。

注)当記事は日本社会に向けて、クワイエットアワー、センサリールーム、カームダウンスペース、センサリーマップ、センサリーフレンドリーな商品の重要性をお伝えするものです。感覚過敏研究所SDI推進室が取り組んだ実績ではございませんので、ご了承ください。

文:加藤路瑛

感覚過敏研究所では、センサリールームやカームダウンスペース、クワイエットアワーの相談・企画・提案・設計などをおこなっています。

お気軽にお問い合わせください。

関連記事

Yogiboを購入して感覚過敏研究所を応援する

Yogibo公式オンラインストアにて、クーポンコード「KBNL」を入力してYogiboを購入すると、感覚過敏研究所に、ご購入金額の5%が広告費として支払われます。Yogiboの快適すぎて動けなくなる魔法のソファをご購入される際は、ぜひ、Yogibo Social Goodクーポンをご利用ください!

【応援方法】

1. Yogibo公式オンラインストアで商品を探しカートに入れる

2. 決済画面のクーポンコードの欄に4桁のクーポンコード「KBNL」を入力し「適用する」ボタンをタップ

3. 購入手続きを完了してください

4. ご購入後、SNSなどで「応援購入したよ!」と投稿いただけると嬉しいです!

感覚過敏に関する
悩みごとがある⽅や
ご家族さまへ

感覚過敏に関する対策商品やサービスなど、感覚過敏研究所がご提供できるものを一覧にして紹介しております。

感覚過敏のある⽅を⽀援したい
企業・⾏政・教育関係者・
福祉関係者さまへ

感覚過敏を中心とした合理的配慮やニューロダイバーシティの取り組みを計画・実行中の企業や関係者への情報提供や協業、共同研究などのご案内です。

ページトップへ戻る