職場向け感覚過敏相談シート

2024年4月より、障害者差別解消法が改正され、全て事業者に合理的配慮が義務化されました。しかし環境調整をお願いしやすくなったかといえば、まだその状態ではなく、少しずつ理解が広がっていくものだと思います。

感覚過敏研究所では、職場で感覚過敏による合理的配慮の相談をしやすくするために、相談する際に使用できる「感覚過敏相談シート」を作成しました。無料で公開しており、ダウンロードしてお使いいただけます。

また職場で感覚過敏による合理的配慮について相談した当事者の方にインタビューした記事も公開しています。相談するときのポイントについても触れていますので、こちらも是非ご覧ください。

職場での合理的配慮で一番大切なこと。求めることばかりではなく、伝える言葉を考える。



感覚過敏のある方の職場での困りごと

感覚過敏があると、職場で以下のような困りごとがある場合があります。

  • オフィスの照明が目に刺さるように眩しい
  • パソコンの画面を見ていると頭痛がする
  • 同僚の話し声や電話の音が気になり、仕事に集中できない
  • オフィスの騒がしい音で頭が痛くなる
  • 同僚の柔軟剤や香水のニオイが強すぎて気分が悪くなる
  • 休憩室の食べ物のニオイがつらくて入れない
  • 特定の衣類が痛くて着用できない
  • マスクがつけられない


シートの使い方

  1. ファイルをダウンロードして印刷します。(A4サイズ)
  2. シートに相談内容やお願いしたいことを記載します
  3. 職場で相談する際に提出します。黙って提出せず、「感覚過敏があり相談シートも見て欲しい」と伝えておきましょう。

他の相談シートについて

感覚過敏研究所では、職場向けだけではなく、教育機関(学校)や病院で使える相談シートも公開しています。こちらも無料で公開しており、ダウンロードしてお使いいただけます。



教育機関(学校)向け感覚過敏相談シート


病院が苦手な人のための感覚過敏相談シート

感覚過敏に関する
悩みごとがある⽅や
ご家族さまへ

感覚過敏に関する対策商品やサービスなど、感覚過敏研究所がご提供できるものを一覧にして紹介しております。

感覚過敏のある⽅を⽀援したい
企業・⾏政・教育関係者・
福祉関係者さまへ

感覚過敏を中心とした合理的配慮やニューロダイバーシティの取り組みを計画・実行中の企業や関係者への情報提供や協業、共同研究などのご案内です。

ページトップへ戻る