肌に触れない新感覚マスク「せんすマスク™」販売中!

肌に触れないせんすマスクの画像 お知らせ

マスクは肌に触れて痛い・・・苦しい・・・・そんな感覚過敏のある方のために、感覚過敏研究所では肌にいっさい触れない「せんすマスク™」を考案し、みなさまに扇子を使った新しいコミュニケーション『せんすケーション』文化を提唱します。

Let’s せんすケーション!

「せんすマスク™」仕様

【特長】
1.片面フルカラー印刷+UVコーティング。
2.水に強く、ウェットティッシュやアルコールジェルで拭いてもOK!

▶ サイズ:399×186mm
▶ 材質:0.15T 半透明 PP
▶ 取っ手カラー:半透明

注意事項

せんすマスク販売中

定価:税込720円
送料:330円(1,000円以上のお買い物で送料無料)

透明せんすマスクも作りました!

「聴覚障害の方と話すために透明な扇子が欲しい」
「学校はキャラクターのものは持っていけないから無地の物が欲しい」
そんなリクエストにおこたえして、透明なせんすマクスも作成しました!

せんすマスク誕生ストーリー

感覚過敏研究所の所長をしている加藤路瑛です。「せんすマスク™」誕生ストーリーについて話したいと思います。

新型コロナウイルスの感染防止のため、マスク着用がルールやマナーになっていますが、感覚過敏が理由でマスクをつけられない人の意思表示カードを作成し、公開したところ、たくさんの方に興味を持っていただけました。

しかし、このような意思表示カードがあったとしても、マスク着用の根本解決にはなっていません。感覚過敏の人でもつけられるマスクは作れないか、それはコロナ以前から研究所で考えていた課題の1つでした。

しかし、感覚は人によって違いますので、誰かがつけられるマスクであっても、他の人がつけられるかどうかはわからないのです。全ての人がつけられるマスク。それは、「肌にいっさい触れない宙に浮くマスク」ですが、そのようなマスクを作るアイディアは思いつきません。

マスクの意思表示カードもたくさんの方に支持をいただきましたが、中には「代替案もないのに、こんなものを作るな」というご意見もいただいていました。

そんな中、SNSで「溶接マスクやベネチアンマスクのようなもので代用できないか」とアイディアをくださった方がいらっしゃいました。そのアイディアをもとに、研究所のメンバーと考えたのが扇子でした。

こうして、「扇子マスクを作ろう!」というプロジェクトがスタートしました。

商品名も「せんすマスク™」にしました。「せんす」には「扇子」と感覚の英語名「Sense」の意味を込めています。

また「せんすケーション」という言葉、文化を提案したいと思います。ちょっと口元を隠して話す。日本古来の奥ゆかしさを「せんすマスク™」で再現できればと思います。

・暑くてマスクの着用が難しいけど、人と会話が必要な時
・レストランで友達とおしゃべりするときに、さっとバックから

そんな感じで、感覚過敏がある人もない人も「せんすマスク™」を使ってほしいです。そうしたら、マスクをつけられない人も「せんすマスク™」を使いやすい世の中になると思います。そうしているうちに、新しいマスクが開発されたり、ウイルス治療薬や予防薬が開発されて、次のステージに社会が進化していることを願います。

※「せんすマスク」は商標登録申請済みです。

研究所からのご案内

ワンコイン支援募集中

感覚過敏缶バッジ販売中

感覚過敏マークのダウンロード販売

過敏なやさしい仲間に会える「かびんの森コミュニティー」

サポーター募集してます!