白いノートが眩しい!そんな時、どうする?

こんにちは。感覚過敏研究所インターンの「いうと」です。

SNSや感覚過敏の当事者やその家族、そして感覚過敏応援団メンバーさんが参加できる「かびんの森」という感覚過敏コミュニティを見ていると「視覚過敏で白いノートが眩しい」という声を見かけます。

今回は、白いノートが眩しく感じる方に向けて、対処法について紹介します。

この記事を書いた人

感覚過敏研究所 インターン
いうと

感覚過敏研究所では、X(Twitter)運営やセンサリールームやカームダウンボックスなどのコラム作成などを担当しています。感覚過敏の自覚症状はありませんが、所長のビジョンに賛同し、インターンとして参画しています。

白いノートがまぶしく感じる人が多い視覚過敏

視覚がとても敏感で日常生活の中で困りごとがある状態を視覚過敏と言います。視覚過敏の症状がある方の中には、「白い紙を使用したノートや本がまぶしくて字を読んだり、書いたりすることがつらい」とおっしゃる方が少なくありません。

白いノートや教科書がまぶしく感じてしまうことで、書いてある文字が見づらくて勉強が捗らなかったり、頭痛などの体調不良に繋がることもあります。

視覚過敏については、以下の記事をご覧ください。

当事者の声

感覚過敏コミュニティ「かびんの森」では、白い紙について、以下のような声や悩みが投稿されています。

  • わら半紙は眩しくなくて集中しやすかったのですが、光沢のある紙だと眩しく、チカチカしていました。
  • ホワイトボードや白い紙のノートがまぶしく感じます。
  • 白いノートが眩しく感じることが多く、緑色のノートを使っています。
    • 白いノートが眩しいときの対処方法

      白いノートが眩しいときには、以下3つの対処法を試すことをオススメします。

      • カラーノートを使う
      • ページオーバーレイを使う
      • 照明などを調整して、白いノートの眩しさを軽減する
      • カラーレンズやサングラスを使う

    カラーノートを使う

    使用している白いノートから、カラーノートに変更することで、困りごとの解決に繋がるかもしれません。

    ページオーバーレイを使う

    紙全体の眩しさを緩和できるページオーバーレイを使うことで、白いノートの眩しさを緩和できます。

    照明などを調整して、白いノートの眩しさを軽減する

    視覚過敏があると、身の回りの照明が眩しく感じることがあります。白いノートは光を反射しやすいので、照明を変更することで、白いノートの眩しさを軽減することにも繋がります。

    また暖色に調光できるライトを使い、自分が見やすい色に調整することで、白いノートの眩しさを軽減することができます。

    眩しさを軽減させるためにできる照明の調整や改善策の詳細については、以下の記事をご覧ください。

    カラーレンズやサングラスを使う

    カラーレンズやサングラスを使うことで、白いノートはもちろん、太陽やスマホの画面などと様々な眩しさを軽減させることができます。

    またサングラスについては、視覚過敏当事者のレポートが参考になると思います。

    感覚過敏研究所でご提案できること

    mahoraノートを使う

    感覚過敏研究所では、カラーノートとして、mahoraノートを取り扱っています。mahoraノートとは、白いノートがまぶしいと感じている視覚過敏の方の目にやさしいノートです。

    感覚過敏研究所で取り扱っているmahoraノートのラインナップは以下の通りです。

    mahoraノート横罫(あみかけ/太細交互)

    あみかけの帯によって、文字を書くときに行をはっきりと識別できる「あみかけ横罫」は、罫線がないので絵や図も自由に描くことができます。

    太い線と細い線が5mm間隔で交互に入っている「太・細交互横罫」は、書いている行の識別がしやすく、2行を使って大きく文字を書いたり、漢字にふりがなを書いたりするのにも最適です。一番上と一番下、そして真ん中の罫線にも1cmごとの印が入っているため、たて線が結びやすく、表づくりにも便利。1cm四方の枠も簡単に作成できます。

    まほらゆったりつかう学習帳

    まほらゆったりつかう学習帳シリーズには、方眼の中の十字リーダー(十字に入っている点線)の代わりに、バランス中心点があります。

    このバランス中心点により、方眼の中心を示す点を基準にして、左右上下の余白を意識して書くことで、罫線に意識を取られることなくのびのびゆったりと文字を書くことができます。

    ページオーバーレイを使う

    感覚過敏研究所では、A4サイズ・A5サイズのページオーバーレイを取り扱っています。このオーバーレイを使い、光の波長をコントロールすることで、眩しさを緩和させることができます。

    A4サイズは全11色、A5サイズは全10色と豊富なカラーバリエーションなので、自分が読みやすいと感じる色を探しやすいです。

    照明などを調整して、白いノートの眩しさを軽減する

    感覚過敏研究所オンラインストアでは、様々な色に光るタッチ式ライトを取り扱っています。色がじんわりと変化していきますので、お好きな色のことで止めてご利用いただけます。白色の照明がまぶしくて苦手な方は、自分が落ち着ける色の照明を利用するのも1つの方法です。こちらの照明は学習用ではありませんので、長時間の勉強に利用される場合はご注意ください。

    イノチグラスのカラーレンズメガネを使う

    イノチグラスは、ご自身に見やすい色、落ち着く色を測定し、ひとりひとりにあった色のレンズを測定します。複数の色を組み合わせることもでき、まぶしさにお困りな視覚過敏の方が多くご利用されているレンズです。感覚過敏研究所では、イノチグラスのカラーレンズの測定やメガネの作成を行なっています。

    イノチグラスの詳細は、以下のページよりご覧ください。

    眩しくない空間のコンサルティングや商品開発の支援

    感覚過敏研究所では、企業や店舗、教育機関、医療機関などに向けて、眩しくない空間のコンサルティングや商品開発の支援などを行っています。お気軽にご相談ください。

    所長・加藤路瑛より

    所長のひとこと

    jiei kato

    感覚過敏研究所 所長・センサリーフレンドリークリエイター
    加藤 路瑛

    自分の困りごとである「感覚過敏」の課題解決に向き合い、2020年1月に感覚過敏研究所を設立。感覚過敏がある人たちが暮らしやすい社会を作ることを目指し、商品・サービスの開発・販売、感覚過敏の研究や啓発に力を注いでいる。所長挨拶はこちらから

    「白い紙がまぶしい」というお悩みは本当に多く寄せられます。私自身は視覚過敏は弱めだと感じていますが、それでも、白い紙は眩しいなと感じます。
    お子様の場合は、ノートが白くで文字が読みにくい、字が書きづらいという困りごとを感じているかもしれません。白い教科書や本の文字が眩しくて見えづらい可能性もあります。宿題のドリルやプリントが白くて手際よく勉強できないということもあるかもしれません。そして、それは本人も困っていることに気がつけない場合もあります。お子様が落ち着いて勉強できる環境や道具を用意いただければと思います。

    学校で使用したいアイテムで学校に相談したいことがあれば、感覚過敏相談シートもご利用ください。自由にダウンロードしてご利用いただけます。

    教育機関(学校)向け感覚過敏相談シート

    大人になると、ノートを使う機会も減っていますが、事務作業のある仕事につくと、紙の白さに目が疲れやすくなったり、頭痛がしたり、仕事を快適に進められなくてお困りの方がいらっしゃいます。カラーレンズやPCメガネなどを利用して眩しさを緩和いただけたらと思います。

    このページで紹介させていただいた方法を実施しても、白い紙の眩しさが改善されず辛い状態が続く場合は、眼科医への相談もご検討ください。視覚過敏ではない目の病気の可能性もあります。

    視覚過敏がある方々にとって、心地よい照明や道具が増えるように、感覚過敏研究所でも商品開発を進めてまいります。また、皆様におすすめしたい商品の調査を続けていきます。みなさんのおすすめ商品がございましたら、感覚過敏コミニティ「かびんの森」やお問合せフォームでお知らせください。

    視覚過敏とは

    視覚過敏とは
    視覚がとても敏感で日常生活の中で困ることが多い状態を「視覚過敏」といいます。視覚過敏のある人は、太陽の光や照明で目に痛みを感じたり、パソコンやスマホの画面が眩しくて直視できないなど、眩しさに困りごとをかかえていらっしゃいます。また、色が多いデザインや、物や人などごちゃごちゃしている場所が苦手な場合もあります。視覚過敏についてくわしく見てみましょう!


    感覚過敏研究所が視覚過敏にお悩みの方へできること

    • ミニセンサリールーム照明

      ミニセンサリールーム照明

      ミニセンサリールーム照明

      好きな色に設定できる手のひらサイズの照明。通常の照明も白い光からオレンジ色に調光可能です。

    • 感覚過敏に関する書籍

      感覚過敏に関する書籍

      感覚過敏に関する書籍

      感覚過敏研究所の所長、加藤路瑛の著書。感覚過敏の当事者生と中高生の視点から感覚過敏に関する本を2冊出版しています。

    • 視覚過敏に関するコラム

      感覚過敏コラム

      視覚過敏に関するコラム

      視覚過敏に関するコラムを発信中です。参考にあるものがあれば嬉しいです。

    • 感覚過敏研究所オンラインストア

      感覚過敏研究所オンラインストア

      感覚過敏研究所オンラインストア

      視覚過敏缶バッジをはじめ、視覚過敏の方に役に立つ商品を紹介・販売しています。

    • 感覚過敏コミュニティ「かびんの森」

      かびんの森

      感覚過敏コミュニティ「かびんの森」

      視覚過敏の仲間がたくさん参加しています。

    • 感覚過敏缶バッジ・シール

      感覚過敏缶バッジ

      感覚過敏缶バッジ・シール

      視覚過敏缶バッジ、ダウンロードコンテンツを販売しています。視覚過敏の困りごとをさりげなく伝えたり、会話のきっかけにもなります。また、「つけておくと安心」というお守りのような存在にもなっています。

    • アパレルブランドKANKAKU FACTORY

      KANKAKU FACTORY

      アパレルブランドKANKAKU FACTORY

      カームダウンパーカーはフードが大きく、刺激から逃れたい時に便利なアイテムです。感覚過敏の方のために細部にこだわった逸品です。

    • 感覚を才能にシリーズ!感覚のゲーム

      感覚のゲーム

      感覚を才能にシリーズ!感覚のゲーム

      感覚を使ったゲームです。視覚を使ったゲームもあります。小さな変化に気がつける過敏さを少しポジティブに感じていただける体験をしていただけたらと思っています。

    • イノチグラスのカラーレンズ

      イノチグラスのカラーレンズ

      イノチグラスのカラーレンズ

      感覚過敏研究所では感覚過敏の課題解決のためにイノチグラスのカラーレンズを取り扱っています。人によって眩しくないレンズの色は違います。レンズ測定はイノチグラスのカラーサポーターでもある所長・加藤が担当します。

    • 病院が苦手な人のための感覚過敏相談シート

      病院が苦手な人のための感覚過敏相談シート

      病院が苦手な人のための感覚過敏相談シート

      感覚過敏があると病院や歯科医院に行くのも大変です。病院受診の際に相談できる「感覚過敏相談シート」を作成し、無料公開しています。どなたでもダウンロードしてご利用いただけます。

    • 教育機関(学校)向け感覚過敏相談シート

      教育機関(学校)向け感覚過敏相談シート

      教育機関(学校)向け感覚過敏相談シート

      感覚過敏研究所では、保護者の方がお子様の感覚過敏について学校に相談する時に使用できる「感覚過敏相談シート」を作成し、無料公開しています。どなたでもダウンロードしてご利用いただけます。

    • SDI推進室(センサリーダイバーシティ&インクルージョン)

      SDI推進室(センサリーダイバーシティ&インクルージョン)

      SDI推進室(センサリーダイバーシティ&インクルージョン)

      センサリーインクルーシブな社会に向けて、「センサリールーム」「カームダウンスペース」「クワイエットアワー」「センサリーマップ」の企画・提案・コンサルティングなどを行なっています。関連商品の販売を行なっています。

    • 感覚過敏あるある漫画

      感覚過敏あるある漫画

      感覚過敏あるある漫画

      感覚過敏研究所がお届けする感覚過敏あるある漫画。毎月10日に1話、インスタグラムとXで公開しています!「あーわかる」「それそれ」「あるある」と読んでいただけると嬉しいです。

    • お知らせ

      お知らせ

      お知らせ

      感覚過敏研究所の取り組みのお知らせや、メディア出演、イベント登壇など、さまざまな活動報告や事前情報を発信しています。感覚過敏の情報は少ないため、感覚過敏に関するポータルサイトを目指してします。

    • 加藤所長のX(旧Twitter)

      加藤所長のX(旧Twitter)

      加藤所長のX(旧Twitter)

      所長のXアカウントでは感覚過敏の情報発信だけでなく、当事者の方々や支援者との意見交換の場面も多く、生の声に触れることができますのでフォローをおすすめしています。感覚過敏研究所のアカウント もフォローください!

    • メルマガ配信

      メルマガ配信

      メルマガ配信

      感覚過敏研究所の取り組みやお知らせをメールでお届けしています。不定期です。

    関連記事

    感覚過敏に関する
    悩みごとがある⽅や
    ご家族さまへ

    感覚過敏に関する対策商品やサービスなど、感覚過敏研究所がご提供できるものを一覧にして紹介しております。

    感覚過敏のある⽅を⽀援したい
    企業・⾏政・教育関係者・
    福祉関係者さまへ

    感覚過敏を中心とした合理的配慮やニューロダイバーシティの取り組みを計画・実行中の企業や関係者への情報提供や協業、共同研究などのご案内です。

    ページトップへ戻る